74歳のSL今年も元気に運行開始!

 今年も桜の開花とともに、秩父鉄道のSLパレオエクスプレス号が走り始めました。2018年は12月9日(日曜)の初冬まで毎週末運行予定です。

※詳しい運行スケジュールはこちら http://www.chichibu-railway.co.jp/slpaleo/calendar.html

このSLパレオエクスプレス号ですが正式車両名「C58-363」といいい、1944年生まれの74歳なんですねぇ、でもまだまだ現役です!

1972年の28歳までは東北地方で活躍し、一度現場を引退します。引退後は鴻巣市の小学校に15年ほど展示されるのですが、1988年に再び”さいたま博覧会”の目玉とし、秩父鉄道で現役復帰を果たします。その後、自力走行不能などに陥りながらも、再度復活を果たし今年もその雄姿を私たちに見せてくれています。

これから、80歳、90歳、100歳と年を重ねても沿線の人々や観光のお客様に愛されて元気に走り続けてくれることを願っております。

当店の窓からは毎週、12時半くらいに下り走行、14時20分くらいに上り走行をするパレオエクスプレス号の雄姿を眺めることができます。

74歳が躍動する姿を是非ご覧下さい。

秩父そば あづまや園

秩父地方では、昔から 嫁入りにソバ打ち道具を持たせるほど、 ソバは家庭料理の一部でした。 我が家も40年、この昔ながらの家庭の味を ご提供しております。 自前で『挽く、練る、打つ』おソバ。 洗練された華やかさは在りませんが、 どこか懐かしく心和む、おソバで お待ちしております。

0コメント

  • 1000 / 1000